名古屋のPR会社インフォデザインのブログ

2016年1月16日

「メディアで話題になる中小企業のPRノウハウ」について、
2016年2月13日(土)14時~名古屋吹上のタスクールさんにて、
東海異業種交流会さん(東海異業種スクール)主催のセミナー兼交流会で講師をさせていただきます。
メディア環境が急速に変化する中、中小企業にとっては情報コンテンツで差別化を図ることが今まで以上に重要になっています。
そこで本セミナーでは、
1)中小企業にとって有効な情報発信の仕方
2)自社メディア・ソーシャルメディア・マスメディアの3メディアに共通して話題になりやすいコンテンツの14の切り口
3)中小企業のマスメディアPRのノウハウ
について解説させていただきます。また交流会も兼ねて行います。参加費は税込3000円。どなたでも参加いただけます。
お申込みはこちらのリンク先からお願いします。http://dearjapan.jp/1200/

【開催日】2016年2月13日(土)
【時間】14:00~16:00
【会場】タスクール 吹上駅より徒歩1分 地図アクセスはこちらをご覧ください。
【住所】〒464-0855 名古屋市千種区千種通7-25-1サンライズ千種502 
【参加費】3000円(税込)
タスクール会員様も参加費は3000円になります。
【定員】10~15名程度の参加者を予定してます。
【名刺をお持ちくださいませ】
当日は名刺を受付で1枚ご提出下さい。名刺は10枚ほどお持ちになられることをおすすめします。名刺がない方はなくても参加できます。
【主催】有限会社ディア・ジャパン
【運営団体】異業種交流会ディア・ジャパン
【協賛】東海異業種交流会、愛知駅チカ交流会

【タイムスケジュール】
14:00~14:25 受付開始 名刺交換会
14:25~14:30 挨拶
14:30~15:30 効果的な情報発信の仕方
15:30~15:55 名刺交換会

【セミナー内容】
昨今、中小企業にとっては情報発信が今まで以上に重要になっています。企業が発信したい情報を発信するだけでは、見込み客は注目してくれません。本セミナーでは、ソーシャルメディアやマスメディアで話題になりやすい「情報の切り口」や、効果的な情報発信の仕方について解説します。明日からの御社の情報発信に役立てていただくことができます。
本セミナーでは、
1)中小企業にとって有効な情報発信の仕方
2)自社メディア・ソーシャルメディア・マスメディアの3メディアに共通して話題になりやすいコンテンツの14の切り口
3)中小企業のマスメディアPRのノウハウ
について解説させていただきます。

このセミナーはこんな方におススメ!
 ・広告に頼らない集客をしたい
 ・情報発信で見込み客を集めたいが、どのような情報を発信すればよいか分からない
 ・情報発信をしているが、見込み客がなかなか増えない
 ・お客様に会社や商品の優位性をうまく伝えたい
 ・新聞、雑誌、テレビなどのメディアに取材されたい

本セミナーを受けると…
 ・見込み客が会社・商品に注目するようになります!
 ・Webサイトやメルマガ、SNSでどのような情報を発信すればよいかが分かります!
 ・SNSフォローやメルマガ登録、資料請求、問い合わせを増やす方法が分かります!
 ・新聞、雑誌、テレビなどのメディアから取材される可能性が高くなります!

【講座内容】
・メディア環境はどのように変化してきているか
・企業視点ではなく「顧客視点」の情報発信をする
・コミュニケーションの「ターゲット、目的、手段、情報」を整理する
・段階を踏んで顧客に情報を伝える「顧客育成モデル」
・広告とPRの違い
・見込み客やメディアが注目する「14種類の情報の切り口」
・メディアの関心を引くプレスリリースの書き方
・メディアへのアプローチ
・メディアの取材対応の仕方

【講師紹介】
門脇 純
株式会社インフォデザイン 代表取締役
1975年、島根県松江市生まれ。名古屋大学法学部卒業。東京の大手マーケティングリサーチ会社を経て、PRコンサルティング会社に勤務。飲食店、メーカー、教育企業、IT企業、コンサルティング会社、保険会社、自動車メーカー、家電メーカー、地方公共団体などをクライアントとし、新聞、雑誌、テレビなど多数のメディア露出を実現させる。2013年から愛知県に転居し、医療系NPO法人で広報活動を担う。NHKニュースや中日新聞・東京新聞などへのメディア露出を手掛ける。2015年4月 株式会社インフォデザインを設立し、代表取締役に就任。名古屋でのPRコンサルティング活動を開始。
【申込時注意】
参加申込を希望される方は、申込時イベント名を「第20回情報発信の仕方」と記入ください。

【注意事項】
1.運営団体、イベントに対してイベントの円滑な開催・運営を著しく妨害する行為、発言をされる方は事前に参加を当会からお断りする場合もあります。
2.申込み期限は開始の1時間前となります。期限を過ぎた申込みは飛込み参加とさせていただきます。
3.事前連絡なしでキャンセルされた方は今後の参加をお断りさせていただきます。
セミナー画像3

お申込みはこちらのリンク先からお願いします。http://dearjapan.jp/1200/

2016年1月12日

「PRノウハウ」に話題を作る切り口「5.人物を紹介する」の記事をアップしました。
 メディアには人物に焦点をあてた番組やコーナーが多数あります。これらにあなたの会社の社長や従業員が取り上げられることで、あなたの会社がメディア露出できる可能性があります。
メディアに取り上げられる話題を作る切り口「5.ノウハウを解説する」

2016年1月11日

「PRノウハウ」に話題を作る切り口「4.ノウハウを解説する」の記事をアップしました。
 あることを効率的に行う方法、問題を解決する方法、リスクを避ける方法などのノウハウを、新しい視点から解説することができれば、メディアに取り上げられる可能性があります。そのようなノウハウを解説することで、あなたや御社がメディアにとりあげられる方法について解説します。
メディアに取り上げられる話題を作る切り口「4.ノウハウを解説する」