株式会社インフォデザインは名古屋・東海地方(愛知・岐阜・三重)のPRコンサルティング会社です。



 

PRノウハウ31

東京のメディアと名古屋のメディアの違い

 
 弊社は東京の企業から名古屋におけるPRについて問い合わせを受けることがあります。東京のメディアと名古屋のメディアには違いがあり、PRも異なるやり方が必要なケースがあります。今回はその違いについて説明します。
 

 

 
 東京のメディアと名古屋(東海エリア)のメディアの違いとして、大きなところでは次の3点があります。これらについて説明します。
 1.名古屋には専門メディアやWebメディアが少ない
 2.名古屋では全国紙の枠が少ない
 3.名古屋ではテレビの経済や芸能の枠が少ない
 

1.名古屋には専門メディアやWebメディアが少ない

 東京には、テレビや新聞の他に、専門メディア(雑誌、専門誌や業界紙)、Webメディアの編集部があります。東京では、何らかのプレスリリースや記者発表を行う場合に、これらのメディアに取材してもらえるチャンスが大きくあります。
 
  名古屋にはこのような専門メディアやWebメディアが少なく、その分、取材されるチャンスが限られてしまいます。
 
 なお、この理由から、東海エリアの企業が記者発表会を考えているとしたら、名古屋ではなく東京で記者発表会を開催して、より多くのメディア露出を狙うことも検討すべきです。
 

2.名古屋では全国紙の枠が少ない

  名古屋にも全国紙(読売、朝日、毎日、日経および共同、時事。産経はない)の支局があり、エリア内に取材網があります。ところが、日々の紙面では名古屋・東海エリアの面は限られています。例えば日本経済新聞には中部面が1面しかありません。東京の企業がいずれかの面にとりあげられるチャンスに比べると、中部エリアの企業がこの1面にとりあげられるチャンスは少ないです。

 なお、地方には地方紙があります。東海エリアにはブロック紙と位置付けられる中日新聞や中部経済新聞、また県紙と位置付けられる岐阜新聞や伊勢新聞の他に、三河や三重県には複数の地方紙があります。これらの地元の地方紙に取材してもらえるチャンスは大きいです。
 

3.名古屋ではテレビの経済や芸能の枠が少ない 

 東京のテレビ局では、テレビ東京をはじめとした経済ニュースの枠があり、企業の商品・サービスや取り組みについて、取材してもらえるチャンスがあります。また、東京のテレビ局の情報番組には芸能ニュース枠があり、企業がタレントをキャスティングした記者発表イベントを行うことで露出できるチャンスがあります。
 
 一方、名古屋のテレビ局には、これらの経済や芸能を切り口とした放送枠が一部を除きほとんどありません。名古屋局で独自に制作・放送するもので、企業が取材してもらえる可能性がある番組は、平日夕方の報道番組や週末の情報番組が中心となります。通常の企業の商品・サービスや取り組みが取材してもらえるチャンスは少ないです。
 
 報道番組は、地域性や社会性のある話題や、消費・生活に関する話題をとりあげます。情報番組は、食・買い物・レジャーに関する店舗や施設、地域の話題をとりあげます。これらに関する切り口であれば、企業が取材してもらえるチャンスはあります。
 
 参考 PRノウハウ30 名古屋の報道番組に企業がとりあげられるには?
 
 
 このように、東京のメディアと名古屋のメディアには違いがあります。名古屋および東海エリアには、この地域に応じたPRのやり方があります。もし具体的なPRについて関心がありましたら、弊社にお問い合わせください。
 
 
著者
門脇 純