株式会社インフォデザインは、マスメディアPRやコンテンツマーケティングを支援する名古屋のPRコンサルティング会社です。

 

 

PRノウハウ3

PR初期にターゲットとするべき業界メディアとローカルメディア



 あなたも、ご自身の企業の新商品や新店舗、新しい取り組みに関するプレスリリースを発信する際に、とりわけ、全国キー局のテレビ番組、全国紙、全国的に有名な雑誌やWebサイトなどの、メジャーなメディアに取り上げられないかと期待するのではないでしょうか。これらのメジャーなメディアの読者・視聴者は数十万人~数百万人規模であり、影響力も大きく、認知度アップや、問い合わせ・依頼が増えるといった効果も期待できます。それだけに、誰でも知っている有名企業でなければ、これらのメディアに取り上げられるハードルも高いです。
 (実は、有名ではない企業でも、発信する情報が多くの読者・視聴者の仕事や生活に関係する内容であり、かつ革新的な要素、ユニークな要素、世間の話題に関してタイムリーな要素のいずれかが備わっていれば、メジャーなメディアに取り上げられる可能性があります。このような方法についてはここでは割愛しますので、ご関心がある方は当社にお問い合わせください。)
 それでは、有名ではない企業の、比較的限定された市場向けの商品や、商圏が限定された店舗の開店についての情報は、どのようなメディアをターゲットとしてプレスリリースを発信すべきでしょうか。私はPR活動を本格的に始めたばかりのクライアント企業には、業界メディア、あるいはローカルメディアをターゲットとすることを提案します。
 業界メディアとは、様々な業界向けに発行・発信されるメディアのことで、新聞、雑誌、Webのタイプがあります。新聞や雑誌の印刷媒体だけでも、全国に数百媒体が存在します。Webには、それぞれの新聞・雑誌の出版社が運営するWebのほかに、Webのみのオリジナルなメディアがあります。
 ローカルメディアとは、各地域のテレビ番組、ケーブルテレビ、地域のラジオ、全国紙の地方版、地方紙(地方の新聞)、ローカル雑誌(主にフリーペーパー)、Webがあります。
 業界メディアあるいはローカルメディアは読者・視聴者が限られており、それに取り上げられただけではそれほど影響力はありません。それでも、これらのメディアをターゲットとするのには、次の5つのメリットがあります。

1.メディア露出が実現しやすい
 プレスリリースを発信しても、メディアに取り上げられないこともあります。メディアに取り上げられてはじめて成功と言えます。業界メディアやローカルメディアは、媒体は、ターゲットが特定の業界あるいは地域に限られていますが、その分、ニュースソース、すなわち取材先、取材するネタも限られており、取り上げられるハードルが比較的低いと言えます。その分、メディア露出が実現しやすいのです。

2.記者からの取材や質問を受けることで、記者の視点が理解できる
 業界メディアやローカルメディアの記者(あるいはライター)がプレスリリースを見て、取材をするか、電話で質問をします。取材に来てもらえれば、記者の感想を聞くこともできるかもしれません。このように、記者が知りたいことが分かり、記者の視点を少しでも理解することができます。

3.メディアに取り上げられたことで信頼性が高まる
 業界メディアやローカルメディアでも、メディアに取り上げられたらことを活用します。具体的には、Webサイトに「○月○日の△△新聞に当社が掲載されました」などと紹介します。また、メディアに取り上げられた記事をクリッピングしておき、営業の際に顧客に見てもらいます。そのようにすることで、顧客は御社のことを、「メディアも注目するほどの信頼性がある企業なのか」と御社の信頼性を認識し、御社の商品購入や御社の利用を判断する際の説得材料になります。

4.SEO効果が高まる
 業界メディアやローカルメディアがWebサイトを持っている場合は、比較的古いドメインであり、記事も豊富で、SEO上位のサイトであるケースが多いです。もしそれらのWebサイトに記事が掲載され、御社Webサイトへのリンク(被リンク)がされたなら、御社WebサイトのSEO効果が高まります。

5.よりメジャーなメディアに取り上げられる足掛かりとなる
 メジャーなメディアの記者も、取材先となる企業を探すために、業界メディアやローカルメディアに目を通したりり、Webで検索をしたりします。記者は、メディアによく取り上げられている企業のことは知っています。逆に今までにどのようなメディアにもまったく取り上げられたことがない企業については、取り上げることに若干のリスクを感じます。そこで、業界メディアやローカルメディアに取り上げられたことのある企業は、メジャーなメディアの記者が初めて取り上げようとする際にちょうど良い存在であると言えます。

 以上について、まとめます。業界メディアやローカルメディアは、取り上げられることによる直接の影響力は大きいとは言えませんが、取り上げられることによる副次的効果が大きく、またメジャーなメディアに取り上げられる足掛かりとなります。そのため、PR活動初期段階には、業界メディアやローカルメディアをターゲットとして、プレスリリースを送り、アプローチすることが大事です。


著者 門脇 純