株式会社インフォデザインは名古屋・東海地方のメディアPRが得意なPRコンサルティング会社です。



 

PRノウハウ10

話題を作る切り口 6.イベント・取り組みを紹介する



 「当社にはメディアに紹介するネタがない」という企業もいらっしゃるかもしれません。
そのような企業にもお勧めできる、ゼロから話題を作る方法があります。
その1つが、イベントや取り組みをとりあげてもらうという方法です。
 なたの会社が行う社内外のイベントや、社内外の取り組みについて、
メディアに情報提供することで、メディアにとりあげてもらる可能性があります。

 そのイベントや取り組みは、どのようなものでもよいわけではありません。
ありふれた内容ではなく、ある程度珍しい・ユニークなものであり、
社会動向やトレンド、季節、社会潮流や社会問題と絡めた内容であれば、
メディアに取材してもらえる可能性が高くなります。

 社会動向やトレンド、季節、社会潮流や社会問題については、
以前解説した次の内容に共通しますので、必要に応じてご確認いただければと思います。
「1.社会動向・トレンドに関連づける 」
「2.季節の話題をつくる」
「3.社会潮流・社会問題と関連づける」

 具体例として、近年は次のような企業のイベント・取り組みに関する報道がありました。

<イベント・取り組みの例>
・生命保険会社による新入社員が仕切る株主総会
・ユニークなランチ会や飲みにケーションで社内活性化させる企業
・1日6時間の短時間勤務を実現した通販企業
・改善提案した社員に報奨金を与えるメーカー
・町工場とデザイナーが連携して新商品を作るプロジェクト
・木工品のおもちゃを幼稚園に毎年寄付をし続けている林業会社
・飲食店の社員が地元食材の生産者を見学し意見交換
・高校生が地元企業を見学

 これらの事例は、採用や人材育成、勤務体制、商品開発などの主な目的があり、
それを二次的な目的としてPRで利用しているものです。
 あなたの会社でも、採用や人材育成、勤務体制、商品開発などと絡めて、
このようなイベントや取り組みを行うことができないか、検討してみてはいかがでしょうか。

 なお、このようなイベントや取り組みをメディアに紹介する際には、
例えばプレスリリースにしてメディアに情報提供するとしたら、
メディアの視点に立って、映像や写真で、具体的にどのようなシーンを
取材することができるのか、イメージできるように紹介することがポイントになります。


著者 門脇 純