2016年6月17日

昨今、先進国も新興国も経済成長が停滞する一方で、人類の前には様々な社会問題が山積しており、ポスト成長市場における企業のあり方が問われています。そのような中、2010年にフィリップ・コトラーが「マーケティング3.0」を、2011年にマイケル・ポーターが「共通価値の創造」を発表し、ビジネスモデルにおいて(本業の事業活動として)社会問題の解決に取り組む企業のあり方を示しました。そのような企業では、どのようなPRが求められるか、ポイントをまとめてみました。フジサンケイビジネスアイが運営するビジネスポータルサイト「イノベーションズアイ」のコラム「共感されるブランドをつくるPR」の第3回「ポスト成長市場の企業PRとは」。
http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/3.html

社会価値

2015年6月1日

私は5月29日と30日に東京証券取引所ホールで開催された「社会的インパクト投資シンポジウム」(主催:G8社会的インパクト投資タスクフォース国内諮問委員会/日本財団/SROIネットワークジャパン)に参加しました。私がこのシンポジウムに参加したのは、ソーシャルインパクトボンド(SIB:社会的インパクト投資)が、社会のイノベーションを創出するトリガーになると予感したためです。期待通り、社会的イノベーションの可能性と期待に溢れた、すばらしいシンポジウムでした。
続きはこちら »