2017年1月12日

フジサンケイビジネスアイ innovations-iコラム「数値データを話題にする」をアップしました。
テレビ番組や新聞・雑誌・Webの記事のタイトルやサブタイトル、あるいはプレスリリースのタイトルやサブタイトルにも、意図的に数値が使われることがあります。数値はニュースの意味を端的に具体的に示すため、人の興味・関心を引き付ける効果があります。そこで今回は、メディアが関心を持つ情報の7つ目として「数値データを話題にする」方法について解説します。
http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/13.html数値データs

2016年12月20日

昨今、インターネットメディアにおける情報の信頼性が問われています。
先般のWelq騒動を受けて、企業には自社が発信する情報について、
信頼性の観点から見直しを図る動きも見られます。

企業が「信頼ある」情報を発信するためには、少しの努力の積み重ねが必要となります。
今後、企業にとっては、「信頼ある情報を発信すること」が、
顧客に支持される条件の1つになると考えられます。

そこで今回は、「信頼ある」情報発信をする方法について、2回連続で解説します。

「信頼ある」情報発信をするには(1)
「信頼ある」情報発信をするには(2)

pc%e5%a5%b3%e6%80%a7

2016年12月1日

フジサンケイビジネスアイ innovations-iコラム「アンケート調査の結果を紹介する」をアップしました。
皆さんも、テレビ番組や新聞・雑誌・Webの記事が、アンケート調査(意識調査)の結果を話題にしているケースを目にされたことがあるのではないでしょうか。アンケート調査は、データという形で話題をつくることができる、有力なPR方法です。もし、現在あなたの会社がメディア露出するための話題がないという場合でも、アンケート調査によって話題を作ることができます。このような、アンケート調査によってメディア露出を図る方法を解説します。
http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/12.html
アンケート調査結果イメージ

2016年11月10日

フジサンケイビジネスアイ innovations-iコラム「人物を紹介する」をアップしました。
メディアでは、人物に焦点を当てた企画がとりあげられることがあります。どの新聞(一般紙)にも人物欄があり、毎日のように誰かがとりあげられています。テレビ番組や雑誌にもWebメディアにも、各方面で活躍する人物を紹介するコーナーがある場合があります。毎回、ある人物を紹介することに特化したテレビ番組やWebメディアもあります。
これらのメディアにあなた自身や、あなたの会社の社長・従業員がとりあげられる可能性があります。その方法をご紹介します。
http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/11.html
%e8%85%95%e3%82%92%e7%b5%84%e3%82%80%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3m

2016年10月28日

フジサンケイビジネスアイ innovations-iコラム「ノウハウを解説する」をアップしました。
メディアの読者・視聴者がメディアを購読・視聴する理由の1つに、「何らかのノウハウを知りたい」というものがあります。ノウハウとは、あることを効率的・効果的に行う方法、悩まされている問題を解決する方法、リスクを低減したり損害を少なくしたりする方法、などのことです。ノウハウが求められるテーマは、生活、趣味、ビジネス、各専門分野に多岐にわたり存在します。メディアはこれらのノウハウについて、専門的な見地から、正確に、分かりやすく、または新しい視点から解説できる人を求めています。あなたの会社(社長または社員)がこのようなノウハウを解説することを通して、メディアに取り上げられる可能性があります。
http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/10.html%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%83%8f%e3%82%a6

2016年10月27日

これまで、お問い合わせをいただくこともありましたが、成功報酬型PRサービスを開始します。

PRは、プレスリリースなどを配信しても、必ずしも掲載・放送されるとは限らないという不確実性を伴います。
その中で、成功報酬型PRサービスは、特にテレビや新聞で取材してとりあげてもらいたい企業様にとって、
費用が不確実にはならない、費用体効果の高いサービスと言えます。

特に、最近は名古屋の民放テレビ局との関係が強化されましたので、
報道番組や情報番組に御社の情報を提供させていただくことができます。

ただし、PRする内容によって、ご提示する料金が異なります。
ご関心がありましたら、下記にご相談ください。

お問い合わせフォーム
電話: 050-3717-0758
e-mail: info@info-de.co.jp

2016年10月19日

フジサンケイビジネスアイ innovations-iコラム「社会潮流の文脈に位置づける」をアップしました。
メディアが関心を持つ情報の3つ目として、「社会潮流の文脈に位置づける」ことで情報発信する方法について解説します。
ここでいう「社会潮流」とは、数年間にわたる社会の動きのことを指します。メディアはよく、社会潮流をテーマにして、その影響、それらに関わる組織や人の取り組み、それらに関連する商品・サービス・催しなどを取り上げます。そのため、企業においては、自社の取り組みや商品・サービスを、“社会潮流の文脈の中に位置づけて”メディアに紹介すると、人々の社会潮流への関心を、御社の取り組みや商品・サービスに向けることになり、メディアに取り上げられる可能性が高くなります。さらに、顧客ターゲットに対しても訴求力が高まるという効果も生まれます。
http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/9.html

%e6%b8%8b%e8%b0%b7%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab%e4%ba%a4%e5%b7%ae%e7%82%b9

2016年10月10日

先日、名古屋市内にある民放テレビ局を訪問し、報道記者の方と打ち合わせをさせていただきました。
(いくつかの弊社クライアントの取材が実現しそうな感触を得ることができました。)

 

雑談の中で、プレスリリースのことについて伺いました。
名古屋のテレビ局にも、毎日プレスリリースが多く届いているそうです。
それらは、毎日のニュースはもちろん、企画の検討の際にも参考にされているようです。

 

局に届くプレスリリースの中で、東京のPR会社から送られてくる、東海地域以外の企業の
プレスリリースが、それなりの数を占めるとお聞きしました。しかも、そのほとんどが、
東海地域に関係がない内容のプレスリリースだそうです。

 

番組としても、その話題を扱うよほどの理由がない限り、東海地域以外の企業の情報を
わざわざ取り上げることはありません。そのような、ターゲット(メディア)に合わない、
価値の低いプレスリリースを送ることは、私は提唱しません。
(私は東京のPR会社に在籍していた時も、その地域に関係のある話題の場合しか、
プレスリリースを送ることはありませんでした。)

 

そのような状況をお聞きして、私は東海エリアの企業に、もっと価値のあるプレスリリースを
メディアに提供していただき、東海エリアのメディアにおいても、東海エリアの企業の存在感
を高めていただきたいと思いました。改めて、弊社は東海エリアの企業に対して
広報・PRコンサルティングを行うことで、そのお手伝いをしたいという決意を新たにしました。

オアシス21

名古屋から世界に価値のある情報発信を

2016年9月28日

フジサンケイビジネスアイ innovations-iコラム「社会問題に関連付けて情報発信するをアップしました。

マスメディアには、社会問題の存在を人々に啓発する公共的な役割があります。どのような社会問題をどのように取り扱うかは、各メディアの編集方針に委ねられます。誰もが当事者になるような社会問題についてとりあげる報道もあれば、社会の中で限られた人が直面する問題にフォーカスをあてるような報道もあります。このようにマスメディアがとりあげた社会問題は、SNSでも拡散されやすい話題だと言えます。企業が「社会問題の解決に関連付ける」切り口によってPRを行い、ブランディングを図るというアプローチは、今後ますます重要になるでしょう。

http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/8.html

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab%e5%9c%b0%e7%90%83

2016年9月16日

フジサンケイビジネスアイ innovations-iコラム「季節や記念日に関連付けて情報発信するをアップしました。

あなたの会社の話題をメディアに取り上げてもらうには、メディアが関心を持つ情報をプレスリリースなどで発信することが大事です。これから数回の連載では、メディアが注目する話題を類型化して紹介し、あなたの会社がどのような情報をメディアに発信すればよいか、ということを解説します。

その1回めとして、季節や記念日の話題に関連づける方法についてご紹介します。季節の情報や記念日に関連する話題は、多くの会社で関連する情報を発信できる可能性がある、比較的検討しやすい話題です。皆さんの会社でも、数か月先までの予定表を作り、季節の情報や記念日をピックアップして、それぞれのトピックについて、あなたの会社がどのような情報発信をできるかを検討してみることをお勧めします。
http://www.innovations-i.com/column/empathybrand/7.html

PRカレンダー

季節の情報や記念日を考慮してPR素材を検討