インフォデザインは、プレスリリース作成・配信、広報事務局、新聞・雑誌・WebやテレビPR、PR戦略や差別化・ブランド構築、コンテンツマーケティングのコンサルティングを行う名古屋のPR会社です。

インフォデザインロゴマーク.pngインフォデザインロゴマーク.png名古屋のPR会社がメディア露出アプローチ.png株式会社インフォデザイン名古屋のPR会社がメディア露出アプローチ.png会社案内資料請求.png会社案内資料請求.png

HOME > インフォデザインの特長

株式会社インフォデザインの強み

1.メディア視点、消費者視点からの情報の“情報の目利き“

 当社の代表は東京のPR会社のPRコンサルタントとして7年間にわたり、多業種にわたるクライアント企業の、テレビ、新聞、雑誌、出版、Webなどのメディア露出実現を手掛けてきました。クライアント企業が取材されるとしたら、どのような切り口の企画になるか、メディアの視点で検討し、その企画を提案し、それに近い形での取材を幾度となく実現させてきました。このような経験を通して、当社はメディアが関心を持つ情報の切り口、その先の読者・視聴者、すなわち消費者が知りたい情報の切り口を理解しています。そのため、当社はメディア視点、消費者視点に立ち、企業が発信する情報が受け入れられるかどうかを「目利き」することができます。


2.情報の収集・加工・発信の全過程を手掛ける”情報ハンドリング力”

 当社の代表は大手マーケティングリサーチ会社にて、リサーチやシンクタンク業務を手掛けました。アンケート調査、販売データ、定性データ、センサスデータと、様々なデータの収集・加工に携わり、情報ハンドリング力を高めてきました。情報の収集から発信まで、一貫した情報ハンドリング力によるメディア露出の成功事例として、アンケート調査結果を用いたパブリシティ(リサーチPR)があります。これは、メディアで報道される最終的な情報の切り口を想定し、逆算してアンケート調査を企画し、多数のメディア露出を実現させる手段です。


3.経営者の情報分析・情報発信をサポートできる“経営情報企画力”

 当社の代表は上場企業において社長直属の経営企画部門で勤務した経験があり、事業計画策定やその他系遺影的に重要なプロジェクトに携わりました。PR会社勤務時には、様々なベンチャー企業の経営者をクライアントとして、経営戦略的な視点からブランディングのお手伝いをしてきました。数社には社長を紹介する記事の原稿執筆を代行させていただいたこともあります。自社の経営にも、経営幹部として業績評価の運営などに携わりました。また、ベンチャー企業において、資金調達のための事業計画策定を行った経験もあります。これらの経験から、経営者の仕事を、さながら「社外経営企画部」として、主に情報面でサポートさせていただくことができます。

株式会社インフォデザインお問い合わせへ.png

locopressnagoyalogo.png
shiro-bar.png
プレスリリースのノウハウ(書き方・配信の仕方).pngプレスリリースのノウハウ(書き方・配信の仕方).png
shiro-bar.png
プレスリリース基本パッケージ.pngプレスリリース基本パッケージ.png
shiro-bar.png
コラム連載中.pngコラム連載中.png